荷物が少ない単身赴任者の引越しはプランを確認して選ぼう

作業員

結婚を機に

部屋

引越は自分でもできるのではと思うところですが、やはり安心安全を引越業者から買うメリットがあります。また相見積もりすることで費用を抑えた理想的な引越をすることができます。今やパソコンやアプリから一括見積もりを取ることができるので、費用の目安も事前に知ることができるでしょう。

荷物が少ない引越し

女性

生活必需品の配送

いわゆるサラリーマンなどとして働くに当たって、ある程度避けて通ることができないのが勤務先が代わることです。たとえば本店から支店へ、あるいはその逆へといった変更はもちろんのこと、日本全国に支店を持つ企業などに勤めている場合には、都道府県を跨いで勤務先が代わることも珍しくはありません。その際、独身の場合には勤務先に合わせて個人で住む場所を代えればいいですが、配偶者や子供がいる場合などには、単身赴任という選択をするケースが多くなっています。この単身赴任にあたっては、賃貸物件を借りるのであれ、寮や社宅などに入京するのであれ、新天地で生活をするための必需品を配送するために、当然引越し作業を行う必然性が生じます。その際に活用したいのが、単身パックなどのサービスです。

単身パックを活用しよう

単身パックとは、その名の通り単身引っ越しを行う方向けのサービスであり、大手の引越し業者などが近年続々と始めているサービスになっています。トラックを貸し切って行う一般的な引越し作業とは違い、単身パックは予め決められたサイズのコンテナなどに荷物を詰め込む形で利用するサービスになっています。配送することが可能な荷物の量に制限があるものの、その分サービス利用にあたって掛かる費用は、一般的な引越しと比較して大幅に安価な価格に設定されているのがその特徴になっています。つまり、配送する必要がある荷物が少なくなりがちな単身赴任の際にピッタリなサービスなのです。もちろん単身赴任だけではなく、始めて一人暮らしをする際などの荷物が少ない引越しにピッタリのサービスであるため、積極的に活用してみるといいでしょう。

都内一人暮らしの引越し

家電

東京都内で近距離の引っ越しで、荷物の少ない方であれば通常の引っ越しよりもパックサービスにして運んでもらうことで格安な料金になります。専用のコンテナボックスに入るだけで、料金は一律なので非常に安く運搬してもらえます。

スムーズに移動するために

ダンボール

引っ越しは準備が大切になりますが、繁忙期はできるだけ前の年の終わりには予約を入れておいた方が無難です。荷物に関しては、こん包できないものもありますが、季節ものに関しては早めにこん包しておきましょう。当日まで9割以上を荷物をまとめていることが重要になります。

Recommended

  • 引越しは日通

    引越なら費用が安いと話題の業者にお任せしませんか。すぐに作業を進めてくれるので、頼りになると言われています!