荷物が少ない単身赴任者の引越しはプランを確認して選ぼう

男性

スムーズに移動するために

ダンボール

契約前にすべきこと

引っ越しをする場合には、準備が必要になります。準備の有無で引っ越しの難易度が大きく変わるほど大切な作業です。引っ越しの契約前にすべきことは、できるだけ早い段階に見積もりをしておくことです。通常2月の中旬から4月の上旬にかけては繁忙期になりますので、もしその時期に引っ越しをするならば、12月ぐらいから予約をしておいたほうがよいでしょう。予約をする際には見積もりからスタートすることになります。見積もりをして業者が決まったら、近くに引っ越しをする場合は運び込める者は運び込んでおいた方がよいです。もちろん、まだそこに人が住んでいる場合であれば無理ですが、人が住んでいなくて鍵を持っていれば、運び込んだ方が引っ越し料金は多少安くなります。

契約後にするべきこと

正式に契約を終えた後、当日までにするべきことは、休みの日にこん包などをしておくことです。よほど忙しい場合であれば、こん包などをお願いした方がいいですが、そうでなければ自分たちでこん包した方が、どこに何が入っているかを把握しやすくなります。ただしこん包の準備をしても、直前まで使うお皿やなべ、布団などはこん包のしようがありませんので、季節ものの荷物から段ボール箱に入れていくべきです。引っ越し当日までは、9割以上が片付いていることが準備の目安です。引っ越し当日の場合は、最後の荷物を入れてきます。賃貸住宅を後にする時は、掃除道具は最低限残しておいたほうがよいです。荷物を載せ終った後に、部屋の中をきれいにする必要があるからです。