荷物が少ない単身赴任者の引越しはプランを確認して選ぼう

男性

結婚を機に

部屋

安心安全を買う

5年ほど前、結婚を機に1Kのアパートから2LDKのアパートに引越をしようとどんな引越会社があるのかネットで検索したところ色々な業者の名前が出てきて驚きました。引越は初めてでしたのでどのくらい費用がかかるか、自分で運んだ方が費用が抑えられるのではないかと色々悩んでいました数十社ある中でも家から近い引越業者を何社か選定しました。いざ電話で見積もり訪問の予約をしダンボールがいくつくらいあるかや大きな家具や家電の数などをみてもらいました。そこで初めて冷蔵は横にして運んではいけないと教えてもらい驚きました。また運ぶ際に新しい家に傷をつけないようマットをしたり、運搬中の事故で家具破損の保険に入っていたりと自分で運搬するのとでは比べ物にならないくらい手厚い内容に安心しました。何社か費用見積もりを出してもらうと会社によって特典の違いや費用の違いが出てきて一番費用が安い引越業者で引越することになりました。

今やネットやスマホから

今やなんでもパソコンやスマートフォンから買い物や予約ができる時代になってきました。なんと引越もわざわざ業者の人が来なくても何十社もの会社から一気に見積もりを取れるのです。私が前回引越する際にはなかった様な気がします。住所やマンションの何階から運ぶのか、家具の種類を入力して、家族の人数などを選択するだけなのです。また家具と家電のみの引越なんかもあり多彩なバリエーションから自分で選ぶことができます。また見積もりをするだけでお米やギフト券のプレゼントをくれる会社もあり試しに見積もり費用だしてみようという方にもオススメです。そして、やはり相見積もりがお得に引越できます。A社は値引きが1万円、B社は1万円値引きにプラスしてダンボールを無料でつけますなど競争させるのが得策と思います